HOME > ご案内(設備紹介・感染対策)


DSC_6129.jpg

005.jpg

詳しくはこちら

診療室について

DSC_6192.jpgDSC_6127.jpg
診療室は、個室・半個室を設けています。
患者さんが座った目線の先は暖色系の壁紙を使用し
落ち着いて診療が受けられます様配慮したデザインに努めています。
個室部分は独立した空調、及び他のオープンスペースと完全分離させています。
インプラントなどの外科手術にも対応出来る様設計しています。
ちょっとしたキッズ・スペースもございます(^_^

院内感染対策

滅菌順序.jpg
近年、MRSA、HIV、B型肝炎、C型肝炎といったハイリスクの感染症が多く話題になっています。
これらの感染症を問題視する時、共通点は何でしょうか。
それは感染経路です。
特に医療施設においては交叉感染、患者→患者、患者→医療従事者、医療従事者→患者といった感染経路を持つことが問題となります。
各種ウィルスなどの血中、体液中の病原体の存在を、全ての患者について予め認知するのは困難であると云う観点から
『すべての人々の血液や体液は感染性があるものとして取り扱うべきである』ユニバーサル・プリコーションという考え方があります。

これをさらにすすめた接触感染、空気感染、飛沫感染などすべてに対応するスタンダード・プリコーションが提唱されています。

当診療所でもこの”スタンダード・プリコーション”の考えを基に、以下の対策をしております。

24時間換気、始業前・昼休憩中の清掃・清拭。
器具洗浄時の事故防止・消毒滅菌レベル一定化をはかるためにウォッシャー・ディスインフェクターによる機械的洗浄。
従来の高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)より高レベルに滅菌できるクラスB、クラスS高圧蒸気滅菌器を導入。

今後も、更なる設備・システムの拡充を行い。より良い衛生環境で診療をおこないます。

歯科用CT

DSC_6191.jpgSOLIO Z 全体像(白背景).jpgSOLIO A-mode.jpg

従来のX線写真は二次元(平面)での診断しかできませんが、
歯科用CTでは3次元(立体)画像で診断できるので、より多くの情報が得られます。

従来のレントゲンでは見えなかった部分が容易に確認できます。
顎の中の神経管の走行状態や歯の根管の形状も手に取るように分かるので正確な診査・診断のもとに安全な治療が行えます。

埋まっている親知らずの抜歯やインプラントの術前診断には必須と考えております。
また、以前に歯の神経の治療をしたが痛み等の不快症状が消えない方の診査にも非常に有効です。

セカンドオピニオンの要望にも沿えますのでお気軽にお問い合わせください。